地震爆発論学会との連携



地震爆発論学会公式サイト

http://bakuhatu.org/


東京虎ノ門文科相前での街宣

(文部科学行政の姿勢を糾す)

http://youtu.be/E61NwwF97_c


島崎邦彦氏の更迭を求める署名運動

https://www.youtube.com/watch?v=5fYacLbeDXQ


新しい亡国の権力打倒運動


島崎氏の更迭を求める署名活動・東京街宣と意外な結果

1971
Date: 2014-05-27 (Tue)
島崎氏の更迭を求める署名活動・東京街宣と意外な結末
島崎邦彦氏の更迭署名活動に関してご協力を頂いた方々に感謝申し上げます。26~27日と東京で街宣(東電、環境省、原子力規制庁、文科省などの前)を行い、チラシを配布しました。その帰路に島崎氏たちの交代を知りました。交代はすでに決まっていたのでしょうか、公用車で登庁される島崎氏は目を伏せておられました。結局、公開質問状には回答が無いまま、結末を迎えるようです。交代であろうとも、学者としては、回答を出すべきだと思います。

 
 記事にあるように、9月末までの任期は務め、再任はしないということです。目的としていた更迭ではないのですが、再任は避けられるようですので、署名活動は終了にしたいと思います。ご協力ありがとういございました。公開質問状の件も、「内容証明郵便」で送付せよという声もありましたが、それは止めて、島崎氏の学者としての良心に期待して、回答を待つことにします。

島崎氏は地震学会の会長をも務めた権威者で活断層に関する著書も多く、一方の(活断層、西軍?)リーダーと目される方です。
このまま回答を出さないで、敵前逃亡のような卑怯な態度で終わるのなら、
地震爆発論(東軍?)の勝利ということになります。

東軍の勝利でよろしいのでしょうか?


東大地震研究所に国費返還を求める運動

1992
Date: 2014-06-23 (Mon)
みんなで無視すりゃ怖くないのか
原子力規制委員会の島崎邦彦氏が“憔悴”どころか、依然として意気軒昂で電力会社に厳しく当たっておられることに驚きました。 公開質問状を30名の地震学者に送ったのですが、いまだに誰からも回答はありません。公開質問状と言ったって、「みんなで無視すりゃ怖くない。」と思って、島崎氏は元気を回復されたのかも知れません。
“武士の情け”と思い、署名活動も中止し、回答の請求もやめ、東大前などでの街宣風景も静止画だけを紹介していましたが、遠慮することなく動画も公開することにしました。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=uuoLLNaXuyU

[1990]に書いたように、外科手術を先延ばしにするような“優柔不断”が病状を悪化させ、悪性腫瘍を再活発化させることだってあるでしょう。 「行き着くところ」が何かは分かりませんが、断層など無いところに巨大な地震が起きることだってあるかもしれません。広範囲に亘る陸地が陥没し、湖面に変わることだってあるかも知れません。

 それこそ、地殻の滑動が起きて気候が変化することだってあるかもしれません。地震学者の理論では「絶対に無い」という現象が起きることを現実に目撃させられて、「知見」を改めるのかも知れませんが、悲しい悲惨な光景はあまり見たくありません。願わくば“怒り”を買う前に、早く気付くことです。


 文部科学大臣に物申す

2120
Date: 2015-05-07 (Thu)
下村博文・文部科学大臣に申し上げる

一私立大学の設立を
今後5年間は認可しないとは何ごとぞ!
文部科学大臣とは、学問の妨害者なのか!
文部科学省からの“処分報告”を聞いて私の怒りは収まりません。太宗の政治言行録である「貞観政要」の一節を献上して、ひとまず怒りを鎮めます。

貞観政要 八、君は舟であり人民は水と同じである より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『君主は舟であり、人民は水である。水は舟を浮かべ載せることができるものであるが、一方また舟を転覆させるものでもある。』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下村博文文部科学大臣へ!

自分がリーダー(舟)足りえる信頼を、国民(水)から得ているかどうかを謙虚に省みない大臣など、海の藻屑に成り果てることを忘れてはなりませんぞ!!


 

(石)

独裁権力の誕生を防ぐための活動

(島崎氏更迭を求めるもう一つの意味)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Just another WordPress site