知識人用の宗教を説いたソクラテス

主治医の智慧を学ぼう

Date: 2015-06-19 (Fri)

[2136]では「主治医のような上位の意識体を「霊存在」と呼んでも、「神」と呼んでも、「祖神様」と呼んでも、それは構わないのではないでしょうか。」と書きました。
ソクラテスは「自分はギリシャでは知識人用の宗教を説いていた」と語っていますが、きっと現在なら「主治医の話に耳を傾けるべきです」と教えるのではないでしょうか。

その伝でいくと今回の「大震災予兆リーディング」は主治医が胃の中の不快な状況をどのような手立てで治療するのか、いやもう一部切除という大手術しかない、執刀は早ければ来年の7月(参議院選挙)前後だ、ということを伝えている話になるのでしょう。

主治医の話が聞ける稀有なる時代に遭遇しているのに、ピロリ菌も多くの善玉菌も気がついていないと言うのが本当の姿かもしれません。
そういう状況の下にあるとして、主治医(神霊)の話を聞いてみましょう。(「大震災予兆リーディング」p.112より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問: 今回、日本全体を揺るがした地震では、何をメッセージとされたかったのでしょうか。

主治医: うーん……。これは、もう何度も繰り返し言っていることではあるのだけれども、二〇〇九年に幸福実現党を立ち上げて以降、六年間、あなたがたが日本の危機を訴えて続けて、正論を説き続けて、国の立て直しをやってきたにもかかわらず、この国の国民は目覚めてもおらず、また、マスコミ等が、陰湿にそれを取り扱わず、つまらぬ既成政党に利用されていることに対して、私の深い深い思いがある。
そして、深いところで地震を起こすことで、被害は最小に抑えつつも、警告として、「いざとなれば、こういうことは日本の下でも起こせないわけではないんだ」ということを日本全土に言っているわけで、「そろそろ我慢の限界が来ている」と言っているのです。
そろそろ神罰(手術の執刀)が近づいているよ。
あの東日本大地震も、神罰は神罰なんだけどね。菅政権や民主党政権への警告として起こしましたが、今の安倍政権下においても、一部は、よい方向も向いてはおるけれども、国のあり方、この国の価値観、あるいは、幸福の科学や幸福実現等の受け入れ方に関して、非常に不快な思いを持っているということだね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と言っています。
やはり、地震の原因だとか、噴火の原因だとか、科学的なメカニズムを解明したとしても、主治医の使う、メスや、薬の説明をしているようなもので、「主治医が何を望んでいるのか」、「どうすれば執刀を免れるのか」という根本的な「心の問題」を理解しないのならば、根本的な治療にはならないようです。

過去にもあったムー、やアトランティスという文明が滅んだような「洗い直し」を経験しなければいけないのかもしれません。

愚かと言えば愚かしい事ですが、経験しなけりゃ分からない、のでしょう。
「はっきり言って、今のレベルでは、この国は救いがたいね。救えないね。」
「そういうことはしたくはないんだけれども、洗い替えしたくなるときは来るわね。」
と主治医は述べています。

主治医は何を基準にしているのかをソクラテスなら教えてくれるでしょう。いやすでにたくさんの書籍で教えてくれています。マスコミ人も学んで欲しいものです。

ソクラテス「学問とは何か」を語る
ソクラテスの「幸福論」
ソクラテスの「霊言」

参考: 「ソクラテスの霊言」p.50、p.75より

ソクラテス: 私の役割は、知性という光を通して、知性というフィルターを通して、神の世界、霊界、あの世の世界を明らかにするということであったのです。
また現代においても、私の時代から二千数百年経った現代においても、あなた方がまたそのような巡り合わせに立っているということだと思うのです。現代人は、先ほど私が申し上げましたように、知性を信ずる時代なのです。現代は知性の時代であるのです。知性の時代であるならば、神の道もまた、知性的に説かなければいけないということなのです。感性に訴えて説くだけでは駄目なのです。悟性に訴えて説くだけでも駄目なのです。理性に訴えて説くだけでも駄目なのです。やはり知性に訴えて説くのが一番なのです。
人々がどのようにして知的に神を理解し、神の創られた世界を理解し、この世の仕組みを理解し、この世をどのように知的に生きる事ができるかということを考えていかねばならないのです。

ソクラテス: そうです、“仏法”だけが神の法ではないのです。神の法は、ある時には哲学としてこの地上に生まれたものですから、あなた方が神の法を学んでいる者である以上、哲学もまたその真理の一つの形態としてあったということ、なぜ神がそのような流れをお作りになったのか、ということも考えていかなければいけないのです。
それは優れた人々の中には、高度に知的な人も居るのです。高度な知的な人々に、単に信仰ということ言っても、それだけではなかなか納得しがたいものがあるのです。
彼らは、学びたいという意識があるのです。学ぶということを通して、信仰に至りたいという気持ちがあるのです。
そうした方々のために、また用意された道だということです。

だから、高度に知的な人々よ「主治医の知恵を学習せよ」
                                                                  (石)

勇気ある二人の憲法学者

勇気のある二人の憲法学者

Date: 2015-06-20 (Sat)

200人近い憲法学者の中で、勇気ある2人の学者(西修駒澤大学名誉教授、百地章日本大学教授)が会見に臨み、気骨のある見解を示してくれた。会場には小林節教授がいて、「自分は研究の末に見解を改めた」と言い訳(?)したのに対し、「進歩して説を変えたのだろう、さらに進歩してわれわれの説に変えて欲しい」と西氏は小林氏を一蹴した。

改憲論者であった小林教授が進歩(?)して変節されたのは、少数派だと討論会にも呼んでもらえないという「一人ぽっちの寂寥感」と「良い暮らしぶりへの憧憬」だと聞いている。多数派でないと、“おいしいご飯”が食べられない、という事なんでしょう。「命もいらず、名もいらず、官位も金も要らぬ人は始末に困る者なり」と述べた西郷隆盛が聞いたらなんというでしょうか。

百地教授は、「政府の説明は良く分からない。木の説明ばかりで、肝心の森の説明が無い。」「(中国の進出)という国際情勢を説明すれば、国民は必ず理解してくれる」と核心を衝いた意見を述べています。選挙で落ちることばかりを考えて、本音を言わない政治ではそのうち国民も嫌気が差すでしょう。

幸福実現党のように、堂々と正論を述べ、全員討ち死に、という勇気を示せ、と言いたくなります。                                                                                                                                                                          (石)

「憲法を守って国が滅ぶ」――三人の憲法学者の意見陳述を受けて

◆「安保関連法案は違憲」と述べた3人の憲法学者

文/幸福実現党・政務調査会チーフ 小鮒将人

去る6月4日、衆院憲法調査会に3人の憲法学者が招かれ、国会で審議中の「安保関連法案」について全員「憲法違反」との意見を述べました。

特に、法案成立を進めている自民党が推薦した早大の長谷部恭男教授が「個別的自衛権のみ許されるという(9条の)論理で、なぜ集団的自衛権が許されるのか」と「違憲」の判断を表明したことが大きな衝撃を与えています。

菅官房長官は、調査会終了後の会見でこの件にふれ、「違憲という指摘は全くあたらない。法案審議には影響がない」と話ました。

さらに政府は6月9日、野党に対して「あくまでも我が国の存立を全うし、国民をまもるため、やむを得ない措置として一部限定された場合において武力行使を認めたにとどまる」と補足しつつ、「憲法違反」を否定する見解を提出していますが、今後の国会運営の難航が予想されます。

◆「なぜ安保法制が必要なのか」の議論はどこに?

冷戦期の日本の繁栄は、日米安保条約に基づき、米軍が日本を守ってきた事が大きな原因です。

朝鮮戦争を機に米国主導の元、日本も自衛隊を発足させ、自国の防衛力を強化してきましたが、この日米両国が同盟関係にある事が大きな抑止力となり、東アジアで大きな戦争が起きなかった事で、高度経済成長を実現することができました。

ところが冷戦終結後、中国・北朝鮮が日本の安全保障にとっての新たな脅威として立ち上がってきました。特に中国については、現在の習近平主席の時代に入り、その覇権主義的な傾向がますます強まっています。

最近では、フィリピンとの国境に当たる南沙諸島のミスチーフ礁において、大規模な埋め立てを行い、滑走路を造設している事が大きな問題とされています。

この結果、中国によるフィリピンへの軍事的侵攻の危機がやってきました。この危機をフィリピン一国で対抗するには、極めて困難であり、日米両国が中国の覇権主義に対する抑止力として、しっかりと同盟関係を強化する必要があるのです。

要するに、安保法制が実現することで、発生するかもしれない紛争を防ぐことができるのです。

これは「戦争を起こす」ものではなく、「戦争をやめさせる」ための抑止力としての判断だという事をご理解頂きたいのです。

当然、フィリピンのアキノ大統領は、日本の集団的自衛権容認を歓迎しています。同様に、中国と国境を接して、紛争の火種を抱えているインド、東南アジア諸国、台湾は、現在の日本での国会審議の様子について、かたずを飲んで見守っている事でしょう。

◆国民の命を守るために、「憲法9条改正」を進めよう

戦後一貫して同盟国である日本を守るという姿勢を崩さなかった米国に対して、その信頼を裏切るような判断は決して行ってはなりません。

日本は米国に対し、有事の際には、共に戦うという姿勢を見せる事によって、その信頼をつないでいくことができるのです。この集団的自衛権は国連憲章51条にも明記されており、国際社会では常識とされている事です。

日本は、かつて英国を同盟国として、その恩恵を享受してきました。日英同盟なくして、日露戦争の勝利はなく、日本を世界の一等国へと押し上げた原動力となりました。

ところが、この同盟関係が破棄された後、日本は孤立への道をたどり、国際連盟からの脱退、そして大東亜戦争開戦へと続く事になります。

同様に日米同盟も、日本の国益にとって最重要なことです。これは日本一国だけでなく、東アジアの平和と繁栄のためにも、同盟関係を強化する必要があるのです。

米国はオバマ大統領の下で、軍事費が削減され、基地撤退の方針も議論され始めていますが、今回の日本政府の判断は、米国側にも同盟堅持への強い意思表示と映ることだと思います。

今回、憲法調査会で意見を述べた学者の方々の意見の通りに、集団的自衛権を拒否し続ければ、米国は日本との同盟関係を断ち切る可能性が強くなり、日本は自国の防衛力のみで中国に対する事態になります。

それは、文字通り「憲法を守って国が亡ぶ」という局面になりかねません。ここで、今一度何が大切なのかを考えなおすべきです。

政治家は、国民の生命と財産を守る義務を負います。

学者の方は、そうした責任は有りませんが、一人の国民としての誇り・気概を持っているならば「憲法9条を改正しなければ国を守ることができない」という発言があってもよいのではないでしょうか。

現在進めている安保関連法案は絶対に成立させ、日米同盟をさらに強化する事で、東アジアの平和と繁栄を推し進めることが大切です。

さらに、私たち幸福実現党が立党以来訴え続けているとおり、憲法9条を改正し、国防軍を創設することが必要です。今後の大切なテーマとして、ご理解いただきますよう、お願いいたします。