新聞では不明・オバマの怒りの意味

オバマ大統領が「ニガー」という言葉を使って、黒人蔑視のアメリカに怒ったそうです。

obama

クリックすると大きくなります

オバマ大統領がアメリカ社会へ「人種差別への復習」、「黒人奴隷への反省」を求めて、立候補した動機までは新聞では判りません。

白人社会の「人種差別」に「復習」するために、「アメリカ弱体化」を目標にしていることは「主治医」ともいえる「神霊」にしか見えていないようです。

人種差別という「壁」のあるアメリカには「本当の意味の反省」が求められます。実現が難しければ「オバマの復習」による国家衰退を招くでしょう。それまでに日本は守りを固めなければなりません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です